太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

トラブル事例集

鳥のフンで火災?
太陽光パネルは定期的に清掃が大事

太陽光で発電する太陽光パネルは野外に設置しなければならないことから、自然や野生動物によるトラブルが報告されており、対策が大事です。野生動物によるトラブルの中でもよく聞かれるのが鳥による被害です。 中でも鳥のフンによる被害は、太陽光発電では対策が必須といってよいでしょう。太陽光パネルは埃などの汚れが雨で流されるように両面がコーティングされています。そのためパネル表面を毎日掃除しなければならないといったことはなく、鳥がフンを落としてもすぐに雨が降れば、洗い流されてしまいます。

しかし鳥がフンが落としたときに都合よく雨が降らなければ、そのフンが乾燥して固まってしまう場合があります。太陽発電パネルは太陽光がよく当たるように設置されていますから、それだけ太陽光で乾燥もしやすいのです。その結果、鳥のフンが付着、堆積してしまう場合があります。

太陽光パネルの表面が汚れたときのデメリットは発電量の低下でしょう。太陽光パネルの接続方法には直列接続と並列接続があり、接続方法によっては、大幅に発電量が減少してしまう場合があります。例えば太陽光パネルを直列接続にしたとき、電圧を上げることができるため、太陽光発電のシステムが安定して利用しやすくなるというメリットがあります。

しかし一方で直列接続では複数枚のパネルを1枚のパネルとして見立てる接続方法のため、1枚のパネルが汚れたとき、複数枚のパネルが影響を受けて発電量が大幅に減少してしまう場合があるのです。売電をしている場合、発電量の低下は売電収入の低下となりますから、発電量の低下は避けたいものです。

さらにパネルの汚れは、発電量の低下だけでなく、火災の原因になってしまう場合があります。パネルの表面が汚れていると、その部分の電気が流れにくい状態になります。そして長時間にわたって電気が流れにくい状態になっているとその部分がホットスポットといって熱を持つようになってしまうのです。

ホットスポットが100度を超えるようになるとパネルが発火したり、焼損してしまうことがあり、実際にホットスポットによるトラブルも報告されています。パネルが発火したり、焼損すれば火災の原因となる場合もあるのです。

そのため、太陽光パネルは定期的な清掃を行うことが大事です。太陽光パネルの清掃については屋根の上に設置している場合は作業に危険が伴いますし、水を使って清掃を行う場合、その水の始末の問題もあります。そのため、パネルの清掃については専門業者を利用した方がよいでしょう。


トラブル事例一覧

和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ