太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

トラブル事例集

産業用太陽光発電所で最も多いトラブルは光害

産業用太陽光発電所では、雑草によって太陽光パネルに影ができて発電量が大きく減少してしまったり、ホットスポットによるパネルの焼損、または野生動物にケーブルが噛み切られるなど、自然が原因のトラブルが発生することあり、対策を行うことが大事だといわれています。 雑草の対策については定期的に除草を行うことになりますが、除草後も雑草が生えてくるのを最小限にしようと除草剤を使ったことで発電所周辺の田畑に悪影響を与えてしまうこともあります。自然への対処法は、単に駆除や除草といった目の前の対処法を行うだけでなく、環境を考えた対処法が必要といえるでしょう。

産業用太陽光発電所に関するトラブルはそうした自然に関するトラブルもありますが、トラブル件数が多いのは太陽光パネルの反射光による光害だといわれています。太陽光パネルの反射光によるトラブルは、反射光が室内に差し込むことによって室内温度が高温になった、室内に光が差し込んで目を開けることができないといったもので、訴訟に発展しているケースもあります。 そして反射光によるトラブルの訴訟では、受忍限度を超えていると判断されたケースについては太陽光パネルの撤去や賠償金の支払いが認められています。

光害によるトラブルは、受忍限度を超えているかどうかが問題であり、訴訟を起こして必ず訴訟を起こした方が勝訴するというわけではないようです。 しかし訴訟が起こされた時点で近隣住民とのしこりができてしまいます。近隣住民とのトラブルはそのほかにも景観が損なわれた、電磁波によって体調が悪くなったなどといったクレームが寄せられる場合もあります。 太陽光発電所設時に反射光が近隣住民に迷惑とならないかどうかをシミュレーションして設置したり、説明会などを開いて周辺住民とのコミュニケーションをとることが大事といえるでしょう。

そのほか太陽光発電に関わることで消費者センターやコールセンターに相談が多いのは台風などによって太陽光発電パネルが破損して周辺に被害を及ぼしたときの相談だといいます。この場合のトラブルの原因は、施工に原因があることが多いといいます。 コストダウンのために施工基準が甘かったり、太陽光発電所の建設について実績が少ない業者を使用したため、施工が十分でなかったなど、発電所を建設するにあたっての業者選びが大事ということでしょう。 業者選びでは、コストはもちろん大事ですが、技術が高く施工実績が豊富であるかが大事です。近隣住民への意識が高い業者を選べば、光害の問題についても相談することができます。


トラブル事例一覧
和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ