太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

O&Mコラム

O&Mサービスを怠るとどうなる?標識の設置義務などを満たしているか分からない

太陽光発電やバイオマスなどで作られた再生可能エネルギーを国が決めた価格で電力会社に買い取るよう義務化したのがFIT法(固定価格買取制度)です。FIT法は再生可能エネルギーの普及を目的としていることから、買取価格が高く設定されており、また住宅用太陽光発電は10年、産業用太陽光発電は20年という買取保証期間が定められています。太陽光発電が長期間に渡って安定した収入を得ることができる投資先と人気なのはこのFIT法によるものといっていでしょう。

このFIT法が2017年4月に改正され、施行されたのが改正FIT法です。改正FIT法では太陽光発電所のメンテナンスが義務化されるなど、太陽光発電所を運営する上においていくつか大きな改正が行われていて、そのひとつが太陽光発電所の標識や柵塀の設置についての注意喚起です。改正FIT法では太陽光発電所の標識や柵塀の設置が義務化され、適切な対応が行われていないと、改善命令が出されるだけでなく、FIT認定が取り消されることもあります。標識や柵塀の設置は、ただ設置すればよいというものではなく、設置にあたっては注意しなくてはならない点がいくつかあります。例えば標識ですが、標識は出力20kW以上の太陽光発電所で必須となっており、設置にあたってはその地域の屋外広告物条例等の関連条例にそって設置する必要があります。また柵塀の設置についてもロープなどではなく、簡単に侵入ができないよう金網フェンスを利用する、発電設備との距離を十分にとって設置するなど、注意が必要です。

そんな標識や柵塀の設置についてもO&Mサービスを利用すると適切な対応を行うことができます。標識や柵塀の設置については改正FIT法のルールだけでなく広告物条例等の関連条例などの知識も必要になるため個人や企業でそれらの条例まで熟知することは難しいといえるでしょう。しかし、太陽光発電所の運営をサポートするO&Mサービスを利用すれば改正FIT法、および関連条例にそって標識や柵塀の点検、確認なども行われます。標識については経年劣化などによって文字が不鮮明になってしまう場合もありますが、O&Mサービスなら太陽光発電所の定期的な点検・メンテナンスを行ってくれるため、改正FIT法のルールにそった施設を維持することができます。

改正FIT法施行後、FIT認定が取り消された発電業者がいくつかありますが、売電をするための電力会社との接続を停止されるなどの措置が取られています。電力会社との接続が停止されれば売電して収入を得ることが出来なくなってしまいますから太陽光発電所の運営は、改正FIT法の遵守が大事であり、その点でもO&Mサービスは便利です。


コラム一覧
和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ