太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

O&Mコラム

O&Mサービスの実例

OM&サービスの実例を、いくつかご紹介します。こうした業務をおこなっているというイメージが伝わりやすいと思います。

・太陽光発電パネルのパネル洗浄 太陽光発電パネルの表面は、汚れても雨で汚れが流れ落ちるようにコーティングされていて汚れに強くなっていますが、それでも埃が堆積したり、鳥のフンによって表面が汚れてしまう場合があります。そしてパネルの表面が汚れると発電量が減少したり、その部分に熱が発生して故障してしまう場合があります。また飛来物や鳥によってパネルの上にゴミなどがおかれて、発電量が下がってしまう場合があります。そのため、太陽光発電所では定期的にパネル洗浄を検討する必要があります。 パネル洗浄で水道水や井戸水を使用したり、洗剤やブラシを使用したり、高圧洗浄を行ってしまうと、パネルを傷つけてしまうだけでなく、メーカーの保証範囲外になってしまう場合があります。そのためパネル洗浄ではナノバブル洗浄といって洗剤を使用せず、界面活性剤を使用していない洗浄液にて洗浄を行います。界面活性剤を使用していない洗浄液を利用してもブラシなどを利用してしまうと、表面のコーディングを傷めてしまうため、界面活性剤を使用していない洗浄液を散布して汚れを浮かし、それを専用の器具で掬い取るようにして洗浄を行います。ナノバブル洗浄では水を使用しないため、太陽光発電所に水源がない場合でもパネル洗浄を行うことができます。給水車を配備すう必要がないため、コスト削減も実現しています。

・ドローンを使った発電所の監視 太陽光発電所は広い土地が必要なため、土地の安い郊外にあることが多く、そのため野生動物がケーブルを齧られたといった自然に関するトラブルがよく報告されています。また太陽光発電所は無人であることが多いため、機器の盗難被害なども聞かれます。そのため、太陽光発電所の維持管理に関するサービスを提供しているO&Mサービスでは、24時間365日発電量のモニター、監視カメラによる発電所の監視といった遠隔監視のサービス、そして発電所の定期点検・メンテナンスを行うサービスなどを提供しています。近年はこの点検サービスの中にドローンによるパネル検査が加わりつつあります。ドローンによるパネル検査では、ドローンにサーモグラフィカメラを搭載し、温度検知によって異常個所を発見していきます。人の手で行うと長時間かかる点検も、ドローンを使えば短時間で済むため、定期点検の短時間化、つまりはコストの削減が期待されています。O&Mサービスを提供している業者の中には、すでにドローンを使ったパネル検査をほかの監視、点検サービスと一緒にパッケージ化して提供しているところもあります。改正FIT法により太陽光発電所のメンテナンスが義務化されたことによってO&Mサービスのニーズが高まっているところ、O&Mサービスもニーズの高まりを受けてコストカットや最新技術の導入などサービス内容に変化が見られます。


コラム一覧

和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ