太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

O&Mコラム

太陽光発電はメンテナンスフリーではない

太陽光発電は手間がかからない、メンテナンスフリーということを聞いたことがある人もいるでしょう。太陽光発電パネルのメーカーの中には10年間保証といった長期の保証を行っているところもありますし、太陽光発電パネルには掃除機や洗濯機のような可動部分がないため、故障が少ないといえます。しかし太陽光発電で発電をするには太陽光発電パネルだけでなくパワーコンディショナや接続箱などいくつかの機器が必要です。そしてパネル以外の機器については、一般の家電製品と同様に故障のリスクがあります。また太陽光発電パネルは野外に設置しますから、飛来物によって破損することもあります。

太陽光発電は、FXや株や不動産などに比べてリスクが少なく、長期間に渡って安定した収入を得ることができる投資先として人気です。ですが太陽光発電はけしてメンテナンスフリーではなく、長期間に渡って安定した収入を得るには、太陽光発電の維持管理が重要であり、そのためには定期的な点検・メンテナンスが必須なのです。2017年4月に施行された改正FIT法によって太陽光発電の保守が義務化されています。改正FIT法に沿った運用を行っていないことが判明すると、指導、改善.命令、認定取消しといったことにもなります。改正FIT法の施行後、改正FIT法に従った運営を行わず認定取消しとなった太陽光発電所では、電力会社との接続を停止されて売電ができなくなるという処分も行われています。太陽光発電はメンテナンスフリーではなく、太陽光発電では点検・メンテナンスが必須と考えた方がよいでしょう。

太陽光発電の点検・メンテナンスでは専門的な知識が必要になりますし、発電所が遠方にある場合など発電所に行くにも苦労です。そこで太陽光発電所の維持管理についてはO&Mサービスを利用する人が多くなってきています。O&Mサービスとは、太陽光発電の維持管理のためのサービスを提供しており、そのサービス内容は主に発電量の監視とトラブル時の対応、そして定期的な点検・メンテナンスの3つです。発電量を監視することによって発電量の低下するトラブルの発見が可能となり、トラブルが発生したときにできるだけ早く修理することによって発電量の減少、つまりは収益の損失を抑えることができます。そのうえで定期点検・メンテナンスを行えば故障を未然に防ぐことができますし、発電量の維持にも有効です。太陽光発電パネルも経年劣化によって発電量が低下しますし、そのほかの機器についても同様です。定期点検・メンテナンスによって耐用年数を過ぎた機器の交換を行っていけば、経年劣化による発電量の低下も抑えることができます。


コラム一覧

和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ