太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405

O&Mコラム

太陽光発電の故障がもたらすリスク

漏電とは、回線が傷ついたり、機器が破損、または故障するなどして電線や電気機械の絶縁状態が不良となって電気が漏れてしまうことで、感電事故や火災の原因ともなる危険な現象です。そして太陽光発電でも漏電による感電・火災といったトラブルが発生する場合があります。ケーブルの施工不良によって太陽光発電パネルが焼損しまった事故や、配線の漏電や絶縁不良によって太陽光発電パネルから出火したという事故は実際に発生しており、太陽光発電が原因による住宅火災のニュースを耳にしたことがある人もいるでしょう。

太陽光発電パネルはメーカーが長期保証を行っているように故障がしにくい製品ですが、野外に設置されるため事前環境などが原因のトラブルが発生することもあります。例えば、飛来物が衝突してパネルの表面のガラスが破損したというケースはよく聞かれるトラブルです。太陽光発電パネルは太陽の光によって発電しますから、太陽の光があたっている限り破損しても発電を行ってしまいます。そのため破損を放置しておくと破損個所から発熱して火災が発生してしまう場合があるのです。また太陽光発電パネルは破損しなくてもホットスポット現象によって故障、さらには火災が発生することもあります。ホットスポット現象とはパネルの一部が発熱する現象です。鳥のフンによってパネルの表面が汚れていたり、雑草などによってパネルに影が落ちると、その部分だけが発電ができなくなります。その発電ができない部分に大きな抵抗がかかるようになり、発熱してしまうのです。ホットスポット現象が発生すると、パネルが壊れて発電できなくなる場合がありますし、最悪、火災が発生する場合もあります。もし近くに可燃物があれば大火災となってしまうこともあります。そのため太陽光発電では、定期的に点検・メンテナンスを行って設備を維持管理することが重要なのです。

太陽光発電の維持管理のためのサービスを提供しているのがO&Mサービスです。O&Mサービスでは24時間365日発電量を監視するサービス、発電量の減少が確認された場合は発電所に駆け付け、修理などの対応を行う駆け付けサービス、定期的な点検・メンテナンスを行うサービスといったサービスを提供しています。そのほかにもパネル洗浄、雑草駆除などのサービスを提供している業者もあり、利用すればオーナーの太陽光発電の維持管理の負担を大幅に軽減することができます。2017年4月に施行された改正FIT法で、太陽光発電の維持管理が義務化されたため、O&Mサービスを利用する人が多くなっています。


コラム一覧

和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ