太陽光メンテナンスの総合専門会社

太陽光発電のメンテナンス とくとくサービス

0120-054-405
世界水準環境マネジメントシステムISO 14001:2015、品質マネジメントシステムISO 9001:2015認証取得
災害復旧に地震があります
業界初抑制補償付で安心
創業26年施工実績10,000件以上!
創業26年10,000棟以上の施工実績
 発電設備の点検と査定無料!日本全国・全メーカー対応O&Mならとくとくサービス
ご相談・お問い合わせはこちら
24時間365日対応0120-054-405
台風や地震、集中豪雨からの
迅速な災害復旧に自信があります

日本全国・オールメーカー対応、
とくとくサービスの迅速復旧

災害を受けたパネルの復旧

【危険】破損した太陽光発電設備には近づかず、すぐにご連絡ください。

被災した太陽光発電設備の保管等について〜所有者等が私有地内等で保管する際の留意事項〜

(1)感電の防止

太陽電池モジュールは光が当たると発電する。また、太陽光発電設備のパワーコンディショナーや、太陽電池モジュールと電線との接続部は、水没・浸水している時に接近又は接触すると感電する恐れがある。そのため、感電を防止するよう十分に注意する必要がある。
感電防止のためには、太陽電池モジュールの表面を下にするか、又は表面を段ボール、ブルーシート、遮光用シート等で覆い、発電しないようにすること。また、複数の太陽電池モジュールがケーブルで繋がっている場合、ケーブルのコネクタを抜き、ビニールテープなどを巻くこと。その際、ゴム手袋、ゴム長靴を着用し、絶縁処理された工具を使用すること。モジュール周辺の地面が湿っている場合や、太陽電池発電設備のケーブルが切れている等、感電の可能性がある場合は、不用意に近づかず、電気工事士やメーカー等の専門家の指示を受けること。また、降雨・降雪時には極力作業を行わない等の対策によりリスクを低減させることが望ましい。

(2)破損等による怪我の防止

(太陽光モジュールは大部分がガラスで構成されており、撤去作業等における破損による怪我を防止するよう十分に注意する必要がある。破損に備えて保護帽、厚手の手袋(革製等)、保護メガネ、作業着等を着用する等によりリスクを低減させることが望ましい。

(3)水濡れ防止

ガラスが破損した太陽電池モジュールは雨水などの水濡れによって含有物質が流出する恐れや感電の危険性が高まる恐れがあるため、ブルーシートで覆う等の水濡れ防止策をとることが望ましい。

(4)立入の防止

太陽電池モジュールによる感電、怪我を防止するため、みだりに人が触るのを防ぐための囲いを設け、貼り紙等で注意を促すことが望ましい。


環境省環境再生・資源循環局 災害廃棄物対策室 総務課リサイクル推進室

平成30年台風第7号及び前線により被災した太陽光発電設備の保管等についてより

お持ちの太陽光発電所、
発電量減っていませんか?

メンテナンスをしないと発電ロスが起き、
知らないうちに売電収入が減っています。

配線や落葉・雑草などの外的要因のほか、配線や機材の相性などで発電システムが持っているポテンシャルを発揮しきれていないなど、点検してみると経年劣化以外の理由で発電量が下がっているケースの方が良く見受けられます。
発電量により売電収入に大きな差がつく大切な資産ですので、定期的なメンテナンスで資産の価値を守り、優良発電所としての価値を高めていきましょう。まずは、とくとくサービス無料点検で発電システムのポテンシャルをチェック!

メンテナンス不足による収益ロス


発電量を減らす様々な要因

落葉や雑草が多い

地盤や基礎の問題

害獣や糞害

パネルの向きと角度

パネルの汚れ・壊れ


報告書の確認不足

配線・機材の相性

倒産など施工店問題

地震・台風など災害

断線や故障

ご相談・お問い合わせはこちら
24時間365日対応0120-054-405
和上ホールディングス公式サイト
和上ホールディングス実績集
産業用中古の売買サイトとくとくファーム
太陽光のポータルサイトとくとくショップNEO
蓄電池専門店とくとくショップ